読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百科事典の買い取りはこちら

ブリタニカ国際大百科事典 買い取りはこちら

古本の買い取り価格が安くなる原因

古本を買い取ってもらった経験がある方でしたら、
思った以上に買い取り価格が安かったという経験をされたこともあるでしょう

予想以上に買い取り価格が低いとまた同じところで売りたいとは思いませんよね。
逆に高く買い取ってくれるところはまた売りたいと思うものです。
そう考えると、リピーターの多い買取業者が高く買い取ってくれると言うことになるでしょう。

だけど、どこの買い取り業者が多く買い取っているのかについては、
知る由もないと思います。

ただ、買取業者によっては、年間の買取件数をサイト上で発表しているところもありますから、チェックしてみるとよいでしょう。

あと、
よく古本屋さんで購入した本には値札がついていることがありますが、
この値札が貼られたま、ままた再び買い取りをしてしまうとやはり高く買い取ってもらうことはできません。
というのも、たとえば、その買取業者で450円で買い取りをしようと思っていても、100円の値札がついていたら、100円でしか買い取ってもらうことができません。

ですから、少々手間がかかっても、値札ははがしてから売却をしたほうがよいでしょう。