読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百科事典の買い取りはこちら

ブリタニカ国際大百科事典 買い取りはこちら

百科事典 買い取りはこちら

百科事典 買い取りはこちらです。
インターネットが広まる以前は、物事を調べるためには、
百科事典が主流でした。

ただ、ネットが広まったこともあり、
今では百科事典を使って調べ物をするということはほとんどなくなりました。
当時買われた方も多いと思います。

昔、百科事典を買われたというご家庭でも、
お子さんが大きくなったなどの理由から、
使わないというご家庭も非常に多いと思います。

そこで多くの方はブックオフなどの古本屋さんで買い取ってもらうという方法を思いつくのですが、実際に古本屋さんで買い取ってもらうというのはあまり高く買い取ってもらえないことが多いでしょう。

実際に価格はよくて10円になると思います。

ただ、ある方法を使うことで実際よりも高く買い取ってもらうことができます。

それは、ネットでも買い取り可能な古本屋さんで買い取ってもらうという方法になります。

ネットでの買い取りサイトから買い取ってもらうと、
ブックオフなどよりも高く買い取ってもらえることが多くなります。

買い取ってもらうときの高くかいってもらえるコツは、
百科事典だけではなく、複数の古本を同時に買い取ってもらうとよいでしょう。
おそらくあなたのご家庭には百科事典以外にも不要な古本はあると思います。
それらの本を同時に買い取ってもらうことで買い取り価格を上げる交渉ができるでしょう。

 

<第3位:ネットオフ>

第3位は『ネットオフ』です。
ネットオフは、有名ですから、ご存知の方も多くいらっしゃると思います。
ただ、買取価格はあまり高くはない印象があります。

ネットオフはこちらから  

 

<第2位:もったいない本舗>
第2位は『もったいない本舗』です。 もったいない本舗は、ここを読んでいる方でも知らない人は多いと思いますが、
ネットオフよりは高く買い取ってくれると思います。

もったいない本舗はこちら

 

<第1位:BUY王(バイキング)>

買取ランキング、第1位は『BUY王(バイキング)』になります。
『BUY王(バイキング)』は知る人ぞ知る買取業者でして、
百科事典のほかにDVDやCDを同時に買い取ってもらうことでより高値で買い取ってもらえます。

BUY王(バイキング)はこちら


 

<宅配買取のメリット>

宅配買取は古本や、DVD、CD、ゲームなどを家にいながら売れるサービスのことをいいます。

宅配便を使って買い取り業者に売りたいものを送ると、
メールや電話で査定価格が届くので、売るかどうかを決めます。
売る場合は数日後に銀行口座などに入金されることが一般的です。

今までは、店舗に売りたいものを持ち込んでその場で査定をしてもらうというのが一般的ですが、宅配買取では家まで宅配業者が引き取りにきてくれるので、より手間がかからず古本の買取ができるようになりました。

ですから、近くに古本屋さんがない人にとっては、大変便利なサービスであるといえるでしょう。

ただ、当然ですが欠点もあります。
宅配買取の欠点としては、買取までに時間がかかるという欠点があります。

ですので、今すぐにお金がほしいという人には向かないサービスであるといえるでしょう。
そのほかにも、本を送った後に査定結果がくるので、
その査定結果に不満があった場合であっても、断りにくいという欠点があります。
ただ、買取業者によってはサイト上であらかじめおおよその買い取り価格を調べられるようになっていますので、そういったところを利用するとよいでしょう。