読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百科事典の買い取りはこちら

ブリタニカ国際大百科事典 買い取りはこちら

百科事典 買い取りはこちら

百科事典 買い取りはこちらです。
インターネットが広まる以前は、物事を調べるためには、
百科事典が主流でした。

ただ、ネットが広まったこともあり、
今では百科事典を使って調べ物をするということはほとんどなくなりました。
当時買われた方も多いと思います。

昔、百科事典を買われたというご家庭でも、
お子さんが大きくなったなどの理由から、
使わないというご家庭も非常に多いと思います。

そこで多くの方はブックオフなどの古本屋さんで買い取ってもらうという方法を思いつくのですが、実際に古本屋さんで買い取ってもらうというのはあまり高く買い取ってもらえないことが多いでしょう。

実際に価格はよくて10円になると思います。

ただ、ある方法を使うことで実際よりも高く買い取ってもらうことができます。

それは、ネットでも買い取り可能な古本屋さんで買い取ってもらうという方法になります。

ネットでの買い取りサイトから買い取ってもらうと、
ブックオフなどよりも高く買い取ってもらえることが多くなります。

買い取ってもらうときの高くかいってもらえるコツは、
百科事典だけではなく、複数の古本を同時に買い取ってもらうとよいでしょう。
おそらくあなたのご家庭には百科事典以外にも不要な古本はあると思います。
それらの本を同時に買い取ってもらうことで買い取り価格を上げる交渉ができるでしょう。

 

<第2位:ネットオフ>

第2位は『ネットオフ』です。
ネットオフは、有名ですから、ご存知の方も多くいらっしゃると思います。
ただ、買取価格はあまり高くはない印象があります。

ネットオフはこちらから  

 

 

<第1位:もったいない本舗>

百科事典買取ランキング・第1位は『もったいない本舗』です。
もったいない本舗は、ここを読んでいる方でも知らない人は多いと思いますが、
ネットオフよりは高く買い取ってくれると思います。

もったいない本舗はこちら

 

 

<宅配買取のメリット>

宅配買取は古本や、DVD、CD、ゲームなどを家にいながら売れるサービスのことをいいます。

宅配便を使って買い取り業者に売りたいものを送ると、
メールや電話で査定価格が届くので、売るかどうかを決めます。
売る場合は数日後に銀行口座などに入金されることが一般的です。

今までは、店舗に売りたいものを持ち込んでその場で査定をしてもらうというのが一般的ですが、宅配買取では家まで宅配業者が引き取りにきてくれるので、より手間がかからず古本の買取ができるようになりました。

ですから、近くに古本屋さんがない人にとっては、大変便利なサービスであるといえるでしょう。

ただ、当然ですが欠点もあります。
宅配買取の欠点としては、買取までに時間がかかるという欠点があります。

ですので、今すぐにお金がほしいという人には向かないサービスであるといえるでしょう。
そのほかにも、本を送った後に査定結果がくるので、
その査定結果に不満があった場合であっても、断りにくいという欠点があります。
ただ、買取業者によってはサイト上であらかじめおおよその買い取り価格を調べられるようになっていますので、そういったところを利用するとよいでしょう。

 

 

 

 

古本の買い取り価格が安くなる原因

古本を買い取ってもらった経験がある方でしたら、
思った以上に買い取り価格が安かったという経験をされたこともあるでしょう

予想以上に買い取り価格が低いとまた同じところで売りたいとは思いませんよね。
逆に高く買い取ってくれるところはまた売りたいと思うものです。
そう考えると、リピーターの多い買取業者が高く買い取ってくれると言うことになるでしょう。

だけど、どこの買い取り業者が多く買い取っているのかについては、
知る由もないと思います。

ただ、買取業者によっては、年間の買取件数をサイト上で発表しているところもありますから、チェックしてみるとよいでしょう。

あと、
よく古本屋さんで購入した本には値札がついていることがありますが、
この値札が貼られたま、ままた再び買い取りをしてしまうとやはり高く買い取ってもらうことはできません。
というのも、たとえば、その買取業者で450円で買い取りをしようと思っていても、100円の値札がついていたら、100円でしか買い取ってもらうことができません。

ですから、少々手間がかかっても、値札ははがしてから売却をしたほうがよいでしょう。

 

 

古本の宅配買取システムについて

最近の古本買取業者は、宅配買取というシステムを採用しています。
この宅配買取は、自分で本を持っていく必要がないため、
買取にかかる時間もあまりなく、また、交通費もかからないため、
大変おすすめの買取方法になります。

最近の宅配買取は、買取の依頼をすると、ダンボールを送ってくれるので、
ダンボールを用意する必要がないというメリットもあります。

宅配買取のデメリットとしては、
ある程度の数を一度に買取してもらわなければならないのと、
査定を断りにくい問うのがあると思います。

なぜ一度に多く買い取ってもらわなければならないのかといいますと、
宅配買取の業者は送料を負担してくれるところが多く、
そのため、ある程度の冊数を買取する必要があるからです。

また、査定結果が出るのは、
古本を送った後ですので、断りにくいというのがあります。
それに、断った場合の返品送料はこちらが負担することが多くあることも、
査定が断りにくい理由のひとつになります。

 

古本の定義と簡単な説明

この記事では古本を買取してもらう前に、
古本について今一度おさらいをしておきましょう。

一般的に買い取り業者で買い取ってもらえる古本は出版社から出版している本になります。

本は出版社を通さないで出版することもできるのですが、
そのような本は買い取り業者は買い取りを拒否する場合がほとんどです。

ただ、最近ではアニメなどの同人誌を買い取ってくれる業者もある見たいですが、あまり多くはありません。

また、買取業者の中には特定のジャンルのみを取り扱う業者もあります。
このような業者はそのジャンルは一般より高く買い取ってくれるのですが、それ以外のジャンルの本は買い取りを拒否されたり、
そもそも買い取ってくれないこともあります。

買い取り価格に関しては、当然ながらお店によって異なります。

例えば、いつ出版された本であるかや、初版かどうか、
そして当然本の状態もチェックされます。
そのほかにも、アマゾンなどの販売価格を基準に査定する業者や、
査定する方の感覚で販売価格を決めている買取業者もあります。

そのほか、買取業者によって立地が違うため、客層も異なりますので、
売れやすい本やそうでない本があります。

買い取りシステムにかんしても、宅配買取に対応しているところや、
そうではないところ、送料が無料なところやそうではないところなどありますのでしっかりと確認しておくとよいでしょう。

 

古本の買い取り価格について

正直に申し上げますと、ネットで古本を買い取ってもらうときの買い取り価格はどこを選んでもあまり変わらないというのが正直なところです。

もしどれくらい異なるのか気になるのでしたら、
実際に複数の買い取りサイトで査定をしてもらうとよいでしょう。

最近はオンライン上で本の名前を入力するだけで自動で査定価格を知らせてくれるサイトも多くなってきましたので、昔よりも簡単に査定ができるようになりました。

ですので、もし査定価格に関して不安があるのでしたら、
オンラインで査定ができる業者のサイトを探してみるとよいでしょう。


そして、オンラインで古本を査定してみるとだいたい査定価格が同じと言うことが多くあります。
これはなぜなのかと言いますと、古本屋さんの多くはあるひとつのデータを元に査定をしているからです。


そのデータというのは、アマゾンになります。

多くの買取業者はアマゾンの買い取り価格を参考にしているため、

どこで査定をしても同じ価格になるというわけです。